ペット保険の認知はまだ薄い?

保険と言えば火災保険や生命保険など、人間の命に直接関係する問題であるもので、加入者が多いのは周知の事実です。
であるとするならば、加入している人々の割合も軒並み高水準なのは当たり前です。では、ペット保険の加入率は現状でどうなっているのか、複数の証拠から話していきます。

まず、日本でよく知られた経済新聞から出た情報を確認しておきます。社会人ならば読むべきである某新聞では、2013年6月にペット保険について書かれた記事がありました。内容は、ペット保険会社の収益を上げる今後の課題について述べており、文中ではその時の加入率を発表していました。
日本では約4パーセント、対してイギリスでは約20パーセントです。イギリスは、ペット保険が誕生した国と言われており、予想通りの結果となっています。

中小企業の情報を集めたりや研究を日夜行っている経済研究所の発表では、2012年12月のレーティングでは、日本のペット保険に加入した割合は3パーセントに満たないくらいであると発表しています。
将来は、ペット寿命がますます伸びて、医療技術の絶え間ない発展により、動物にかかる治療費が膨大になって加入率も上がっていくとまとめています。2つの情報から、日本人がペット保険に入っている比率は、4〜5パーセントであるとみられます。